次世代育成支援対策推進法・女性活躍推進法に基づく取り組み

ホーム > 次世代育成支援対策推進法・女性活躍推進法に基づく取り組み

次世代育成支援対策推進法・女性活躍推進法に基づく取り組み


社会に安全・安心を提供しているセコム北陸は、社員の職場が働きやすく安心できる環境であることをめざしています。 社員の家庭と仕事の両立及び、女性の個性と能力が十分発揮できるよう2016年4月1日~2019年3月31日まで、以下を目標に取組んでいます。

行動計画

<数値目標>

男女の継続勤続年数の差を4年以内とする。

<取組内容①>

育児休業からの復帰に合わせたカウンセリングを実施します。
復帰社員の能力の向上・キャリア形成支援等、復帰にあたり不安解消に努めます。
(2016年4月~)

<取組内容②>

超過勤務時間の管理を徹底します。
各部署の超過勤務時間を把握の上、部署毎に超過勤務時間削減のための取組を検討します。
また、毎月開催の組織風土社員会議において超過勤務時間の公表、取組状況を評価し対策を推進します。
(2016年4月~)

<取組内容③>

フレックス休暇制度の運用にて年次有給休暇の取得促進を行います。
フレックス休暇をスムーズに取得するためスケジュール管理を行ない、フレックス休暇100%取得に向け取り組みます。
(2016年7月~)

<取組内容④>

様々なハラスメントが発生しないようにするため管理職への研修を行い周知徹底に努めます。
(2016年9月~)

情報の公表

<男女の平均勤続勤務年数の差異>

(各年度末時点)

 201320142015
男性(年)16.516.516.7
女性(年)12.312.412.6